メダカを販売するのに必要な情報まとめ

スポンサーリンク



この記事を書こうと思った経緯

メダカを飼っていると誰しも思うことがります。

メダカってとても多産の生き物で、聞いた話では1シーズンで800個~1000個の卵を産むそうです。

 

それくらい増えるのであれば、商売にできるのではないか!?そう思いますよね。

でも、商売をするにしてもどのように販売をすれば良いのか分からない方が多いと思います。

そんなお悩みを持っている方のために、メダカの販売をする時に役に立つオススメの記事を紹介していきます。

 

リスクもある

まず始めにお店を出すにあたってリスクもあります。

メダカブームが到来している!とメダカ愛好家のオジサンは言っています。

あんまり期待はしていないけど・・・

でも「ガッチリマンデー」でメダカが紹介されていたり「マツコ&有吉の怒り新党」でもメダカが紹介されているので間違いではないかもしれません。

 

その結果メダカを新たに飼って販売しようと言う人や飼っているメダカを販売しようとする人が増えています。

そうなるとメダカの販売者が多くなりすぎて売れないことや、安い値段でしかメダカを売れない場合もあります。

なので、いきなり最初から人生をかけてメダカの販売をするのではなく、お小遣い稼ぎ目的や大きく販売をするための足掛かりを作るつもりでメダカの販売を始めて下さい。

 

メダカを個人でも販売できる販売ツール

私が良いなと思った販売ツールを4つ紹介します。

特長として、販売手数料や固定費が安いツールはお客さんが少ないです。

逆にお客さんの目に触れやすくなるものは、販売手数料が高いものが多いです。

(高いとは言ってもたくさんの販売ツールがある中から選んだので、他の似たようなものと比べると安いハズ・・・)

 

ヤフオク

まずメダカを売ろうと思って最初に頭に思い浮かぶのがヤフオク(手数料高くて10%・固定費あり)だと思います。

ヤフオクは利用者数が多いので、自分が個人でメダカを出品したとしてもお客さんの目に留まることは間違いありません!

そこから購入に至るのか、それともクリックをされることなく流されるのかは出品している内容によります。

 

デメリットはライバルが多く、価格が下落しすぎていることです。

こんなにも良いメダカなのにこの値段しかつかないのか・・・と言うことも良くありますし、値段の設定では入札すら入らないこともあります。

 

ヤフオクはまさに戦国の世と化していて個人も法人もバチバチやり合っています。

ヤフオクでの一番のライバルは「丸玄」でしょうねぇ

丸玄の出品しているメダカの値段を参考にして販売計画を立てなければならないと思います。

 ヤフオク初心者でも分かる!ヤフオクの出品方法から落札後対応と発送までの流れとやり方 

 ヤフオク出品の手数料と落札時の手数料まとめ。安くする方法も紹介 

 

Yahooショッピング

Yahooショッピングは初期費用や固定費と言った費用が無料で使える点が良いです。

かかる費用は、販売手数料のみなので売れなくたって問題無し!

安さを求めるのであればYahooショッピングですよね~

ただ・・・集客力が悪いのが難点です(泣)

 

集客力が無いのを補うために自身でブログを書いたりして集客を行う必要がありますよね。

ブログランキングの上位に入ることができればメダカ愛好家達の目に留まること間違いナシ!

 

以下の記事にはカラーミーショップをオススメする文言も含まれていて、私もカラミーショップはオススメです。

詳細については他の記事の方が詳しく書かれていたので後に記述します。

 無料より高い物は無い。Yahoo!ショッピングストア出店のデメリット。 

 

以下の記事にはYahooショッピングと楽天の違いがかかれています。

YahooショッピングのPV数(アクセス数)は楽天の7分の1しかない!!

アクセス数が少ないとどのようなデメリットがあるかと言うと、売れずにずっと残る可能性があるから、写真と同じ個体を送ることが困難になります。

いつ来るか分からない注文のために隔離させておくことや、メダカの体調も日々変化してくるので難しい。

 『Yahoo!ショッピング出店』楽天とはココが違う!出店のメリット・デメリット 

 

カラーミーショップ

こちらもネットショップになります。

Yahooショッピングやヤフオク、Amazonと違うところは自分だけのお店色が強いので、お客さんがファンになってくれやすいです。

 

この様なネットショップでは生体を取り扱うことができないのが多いですが、カラーミーショップだと生体も売れる!!

まさにメダカ販売をする人にとっては神からの贈り物ではないかと思うほどです。

他のネットショップは(例えばBASE)なんかは生体の販売が無理なものが多いので、選択肢自体が無いようなものです。

 

気になる必要経費では初期費用と固定費(一番安いプランで月900円)はかかりますが、販売手数料がゼロ円です。

楽天やAmazonと比べると聞いたことのないショップの名前ですが、出店している人も多く何よりもオシャレな見た目だから、お客さんの目に付きやすいでしょう。

 

デメリットは集客力が全くと言って良いほどなくて、Yahooショッピングよりも無い・・・と言うよりなさすぎる点です。

どのように販売をするのかと言うと、自分でSNSやブログなどでアピールする必要があります。

回転率の低い場合は当然、画像と同じメダカを送ることもできなくなる可能性が高いです。

まずは宣伝方法を確立させる必要があります。

 ECサイト開設で人気のカラーミーショップは売れない?評判は本当か?料金などを徹底比較 

 

以下の記事でもカラーミーショップの事が詳しく書かれていたり、決済手数料を抑えられる方法まで書いています。

 カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。 

 

Amazon

※Amazonと良く比較されるショッピングモールで楽天がありますが、私が見た感じだとAmazonの方が出店費用が安かったのでAmazonのみの紹介になります。

 

Amazonでメダカを購入しようと思って検索した方ならわかると思いますが、ヤフオクと違って魅力のある(流行りや人気の)メダカが全くいません。

それに、販売者の多くは稚魚や幼魚の販売をしています。

 

稚魚、幼魚だとどうしても選別が難しいから良い個体を送れないし、良い個体すらいないのかもしれません。

そのため、成魚を売ると他と差別化も可能ですし、流行りや人気のメダカを販売すれば十分に勝機はあります。

新規として参入する価値が十分にあると言えるでしょう。

 

Amazonを利用しているユーザーはとても多くて必ず目にとまります。

と、言うことは値段の設定をヤフオクより上げたとしても買い手が付く可能性があるわけです。

 必ず理解して欲しいAmazon販売手数料の仕組み・カテゴリー成約料とは? 

 

販売手数料なんですが、メダカは15%の部類に入るのかな!?

手数料だけで見るとちょっと高いようにも感じますが、実はそれほど高いとも言い切れない。

以下の記事をよく読むと・・・Amazonは決済手数料が販売手数料の中に入っているのでお得!

他だと決済手数料だけでも3%や4%くらい取られるので込み込みは嬉しいです。

 【現役店長が徹底検証】楽天市場とAmazonの出店時の違いを比較 

 

以下の記事では実際にAmazonと楽天の両方を使っている方が比較レビューを書いています。

この記事で気になったのが、Amazonを利用している人の年齢層が高くて、60代の経済的に余裕を持ったAmazonオヤジなるもの達が大勢いるそうな。

 

私が実際にメダカ愛好家達と交流を持ち始めて、またはショップにいる年齢層を見ても50代60代の男性が多いです!

この様な人たちは時間やお金に余裕を持った人が多いので、こういった層にターゲットを絞って販売をするのが良いですよね。

 Amazonと楽天市場へ出店してわかった9つの事 

 

同じ人が書いた以下の記事ではAmazonの販売手数料は高いのかどうかについて書かれている。

Amazon自身も商品についての広告を出して宣伝をしてくれているみたい・・・成約率が高いのもうなずけます。

 Amazon販売手数料は高いのか? 

 

路上販売でメダカを売る

個人でメダカの販売をしようと思った時に自宅の前でメダカの販売をするのも良いけど、防犯上あまりよろしくないです。

もしメダカが盗まれたら・・・と思うとゾッとします。

メダカ泥棒は意外とどの地域にもいるようで、長年住んでて平和だと思っていた我が地域にもメダカ泥棒が出没しました。

 

泥棒とはちあわせしてケガでも負ったら最悪です。

その危険を回避するためにも、別の場所で路上販売をする選択肢が良いですよね!

 

他にも地域の祭りに出店する場合は、市や町が取り仕切りしていると思うので直接連絡をして話を聞いてみても良いです。

商店街の場合は、商店街を取り仕切っている問い合わせ場所、ショッピングモールの場合はインフォメーションセンターに問い合わせると教えてくれることが多いです。

 キッチンカー(移動販売車)の出店場所を探す6つの方法 

 

ブログやSNSでの情報発信は必須

あなたがメダカを購入しようと思った時にどんな事柄に目を向けますか?

もちろん、自分の欲しいメダカが売っているから購入をするのですが、他にも見ることはあるハズです。

例えば、ヤフオクやAmazonの場合は販売者に対する評価

この評価を見て安心してお客さんが購入をする場合だってあります。

 

新規参入の場合だと、自分に信用力が無いため実績を積まなければなりませんが、実績なんて何回もメダカが売れなければ積み上がりませんし評価を書いてもくれません。

それを少しでも緩和する、お客さんに安心してもらうためにブログやSNSで情報を発信しよう!

お客さんからの窓口を設けるのは必要なことで、あなた自身やお店のことを知ってもらって販売力強化に繋げよう!

 

どんなことでも記事にして書いて行こう。

お客さんは、どんな風にメダカを育てているのか?とか飼っているメダカの紹介とか、この季節はどんなことをすれば良いのか?など何だって知りたいはずです。

記事に対するコメントにだって丁寧に返していると、なおさら親近感がわいてきます。

そのようにしてメダカの出品もそうですが、ブログも同時に書いて行く必要があります。

ブログに人気が出たらYahooショッピングでもカラーミーショップでも問題なく売れます。

 

ブログを使って情報発信の実例

メダカ愛好家の方なら知らない人はいないかな!?

以下のサイトの管理人さんは個人でメダカの販売をしていて、ブログを上手に使って情報発信と販売をしています。

 別館 ~ だって おばちゃんだもん ~ 

 

別館が販売用サイトで、本館が日々のメダカライフを書いている場所になります。

おばちゃんさんの場合は、販売ツールなどは使わずにブログ内で直接やり取りをして商売をしているのかな!?

これも日々情報発信をしているからこそなせる技なんでしょうね・・・

 

ちなみに、本館の方はブログランキングで一位の常連です(最近はフジヤマメダカさんに抜かれたり抜き返したり)

INポイントのランキングはイイネ的なボタンを押したらポイントが加算されるみたいですね。

で、そのポイントによってブログのランキングが決まる形式。

 

ポイントが高いという事は根強いファンの方が大勢いるのでしょうね。

こうなれば個人でのメダカ販売も強いですよ~

リピーター続出です!

 

写真も見やすく撮っているから購入する側からすると安心です♪

更に言うならブログ販売は、お客さんの安心だけでなく販売者側からのメリットもあります。

ブログ経由で購入する客質は高い!

 

Amazon・楽天・ヤフオクとは比べ物にならないと思います。

※カラミーショップは自分の店舗色が強いので客質が高い部類に入ると思います。

 

もっと多くのお客さんに宣伝したい場合

・メダカ愛好家の輪を広げて読者になってもらう

・ブログランキングをブログ内に貼り付ける

・いろんなメダカ愛好家達にコメントをつけてまわる

・他のメダカ愛好家達の記事に店舗情報を載せてもらう(人によっては有料)

・チラシ配りやネット広告を依頼する(有料)

・検索で上位に表示してもらうようにYahooに依頼する(有料)

 

無料でできる宣伝

積極的にメダカ愛好家達と交流を持ってお気に入り登録してもらおう!

これに関しては、例えばアメブロだと読者(お気に入り)機能があって、気に入った人が記事を投稿すると通知が来る仕組みになっています。

 

そのようにお気に入り登録をしてもらうために、メダカのコミュニティやサークルに参加をしたりブログランキングや愛好家達のブログにコメントをつけて回る手も効果的です。

ネットで販売をしようとする人にとっては、ブログランキングやコメント作戦が使いやすい手ですよね。

 

この無料でできる方法は時間がかかる点と、継続して人と絡むだけの根気が必要になるけど、ブログランキングの上位に入ることができれば宣伝効果大です!

 

有料でお願いする宣伝

正直なところ、お金を使った方が良いです。

時間と手間をお金で買うかどうかは価値観の違いになってきますが、無料で頑張っても客さんが増えたと実感するまでに時間がかかりすぎます。

時間がかかること、効果が出るまでが遅いことに嫌気を指して諦めてしまうのが目に浮かぶ・・・

 

有料の宣伝もどんな方法を使うのかは人それぞれで、地域限定のメダカ屋さんを考えている場合はチラシが効果的だし

全国的に通販で販売をしたい方の場合はネット広告が効果的です。

 

コスパや手軽さで言えばネット広告の方が範囲が広いし値段もアナログに比べるとお得!

ネット広告を出して通販で販売する方が、自分の好きな時間にお小遣い稼ぎができるから店舗販売よりオススメですよね。

 

新聞の折り込みチラシはメダカに興味があっても無くてもチラシを配られますが

ネット広告の場合は、メダカに興味のある人が検索をかけた時に表示される(広告の種類にもよりますが)のが多いので目に留まってくれやすい特徴があります。

 

メダカジャンルとはかけ離れていますが、超有名ブロガーのイケダハヤトさんは有名ブロガーのブログに広告を表示してもらっています。

広告を出すブログのPV数にもよりますが、月10万PV超えのブログに月20万円出しているだとか・・・

 

それだけの金額を出しても、やる価値が十分にあったということです。

有名ブログに宣伝を依頼する方法以外にも、Yahooに依頼をして検索表示の際に自分のサイトを上位表示してもらえるようにする作戦も効果的です。

 

通販で販売をする場合は数種類だけで良いと思っている

パレートの法則と言うのがあって・・・ザックリ言うと「2:8の法則」です。

・2割の商品が全体の8割の売り上げを持っている

・売り上げの8割は2割のユーザーが占めている

・会社の2割の社員が全体の8割もの売り上げを占めている

例を挙げると上記のようなものになります。

 

メダカの販売も同じことが言えると思います。

できればメダカ界全体で見た中の人気2割のメダカを取り扱いたい!

人気のあるメダカや、いま流行りのメダカのみ取り扱おう。

 

個人でやると多くの種類を管理できなくなるので、その方が絶対に良いでしょう。

メダカの種類が少ないと、それだけ一種類の数を多くとれるため、質も高まります!

 

数種類のメダカしか置いていないってどうなの!?

と思うかもしれませんが、通販だったらアリですよね。

 

何故ならお客さんに対する負担が少ないからです。

これがもし店舗販売だったらワザワザ時間をかけて行ったのに数種類しか置いていない…とお客さんは思うはずです。

種類が多く必要なのは、あくまで店舗販売のみだと思っています。

 

管理しやすくするためにも数種類だけメダカを販売しよう

メダカを1種類育てるだけでも水槽がたくさん必要です。

親メダカ用、成魚用A・B,,,、幼魚用A・B・C,,,,、稚魚用A・B・C・D,,,,

メダカの大きさが小さいものほど、共食いを避けるためや成長を速めさせるために分けます。

 

1種類でも、数を多く育てようと思ったら管理が面倒なのに10種類や20種類なんて無理!

5種類や3種類でも良いかもしれません。

 

どんなメダカを売れば良いのか!?

私にもコレ!っていうのはわかりませんが、おそらく鯉のように紅白系や三色系に人気が落ち着くのではないかと思っています。

と言うかすでに落ち着いている!?

流行りのあるメダカは爆発的な人気を出しますが継続しない可能性の方が高いので、流行でなくなっても常にある一定の人気を保てるメダカを販売するべきでしょう。

 

さいごに

以上でメダカの販売についての記事を終わります。

思ったよりも情報量が多くて、あれもこれも足していると膨大な量になりました・・・

時間も凄くかかったし、他サイトの記事を読んで理解して言葉にして書くのが大変(;・∀・)

 

期間にして2週間くらいかけたのではないかと思っていますので、最後まで読んでくれた方には本当に感謝感謝です。

関連記事に私が実際に路上販売をしてみた結果記事もあるので、参考に見てみて下さい^^

☆路上でメダカを販売したら思っていたより売れたので結果を報告☆

スポンサーリンク


楊貴妃速報から一言

いつも私のブログを見て下さってありがとうございます。

当方ブログアクセスランキングには参加をしておりません。

それをクリックするのに時間を割くよりも、より多くの記事を読んで情報を得てほしいと考えているからです。

それが私の励みにもなりますので是非よろしくお願いします!(^^)!

コメントを残す